So-net無料ブログ作成
イタリア食品 ブログトップ
前の5件 | -

バルベロ(Barbero) トリュフチョコレートで、ひと味違うバレンタインデーはいかが? [イタリア食品]

コチラのショップは「あす楽」対応とのことなので、
急いで注文すればまだ間に合うカモ?!↓

もうあと数日でこの季節の一大イベント(?!)、
バレンタインデーがやってきますね。

バレンタインデーといえば、なにはなくともチョコレート!
ということで、ちょっとギリギリになっちゃいましたが、この機会に
個人的イチオシのイタリア製チョコを御紹介したいと思います。

それは、「バルベロ(Barbero)」という北部ピエモンテ州の
老舗(創業120年!)お菓子屋さんのトリュフチョコレート。

バルベロ社の歴史や製品など、詳しい紹介はコチラのページに⇒

味には「ホワイト」と「ブラウン」の2種類があります。

「ホワイト」は、バルベロ社自慢のトローネ
(=ハチミツ、砂糖、卵白とナッツを混ぜ合わせた固めのヌガー)を
細かく砕いたものがタップリ入っていて、プチッカリッな食感が新鮮。

こんな風にローストしたヘーゼルナッツが丸ごとゼイタクに・・・↓
barbero_torroncini_nocciole_R.jpg

「ブラウン」は「ホワイト」同様トローネのプチカリ感に加えて、
高級カカオの上品な苦味と炒りたてヘーゼルナッツの香ばしさが
絶妙なハーモニーで引き立ちます。

イタリアのお菓子って、甘さや香りがキツすぎることが多いんですけど、
このバルベロ社トリュフチョコは甘さも適度でナッツも香ばしく、
日本人にもホッとなじめる優しい味わいです。

そしてバルベロ社トリュフチョコのもうひとつのポイントが外箱!!
オシャレなレトロ調デザインのチョッピリ懐かしい?ブリキ製で、
食べ終わったあと小物入れなどとして使えるのも嬉しいですよね。

優雅なオーバル形のケース↓

輸入品なのでお値段はチョットお高くなりますが、
大切な人へのプレゼント用にはもちろん、
がんばってる自分へのゴホウビ用にも、自信をもってオススメします!

ということでバルベロ社のトリュフチョコレート、
今年のバレンタインには間に合わないかもしれませんが、
よろしければ一度だまされたと思って(?)ぜひぜひお試しを ^^

あ、あとこれ以外にも、同じくバルベロ伝統の味、「トロンチーノ」
(「トローネ」を一口サイズにカットしたモノ)もオススメですよ~ ↓

参考:バルベロの口コミレビュー(by 楽天)

口コミ比較人気ランキング1位
価格:1575 円
BARBERO(バルベロ) トロンチーニ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_ のし宛書】(アンジェ(インテリア雑貨))
口コミ:3件 4.67点
口コミ比較人気ランキング2位
価格:1890 円
イタリア BARBERO(バルベロ)トロンチー二 小缶 ピスタチオグリーン(Seed (シード))
口コミ:2件 5.0点
口コミ比較人気ランキング3位
価格:1575 円
イタリア BARBERO(バルベロ)トロンチー二 ヘーゼルナッツ白缶(Seed (シード))
口コミ:2件 4.0点
口コミ比較人気ランキング4位
価格:1575 円
バルベロ D.BARBERO トリュフ茶缶 12粒 チョコレート【あす楽対応】§§(イノブンオンラインショップ)
口コミ:1件 5.0点
口コミ比較人気ランキング5位
価格:1575 円
イタリア BARBERO(バルベロ)トリュフ缶(Seed (シード))
口コミ:1件 5.0点

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ピスタチオアイスクリームのオススメ発見♪ 「櫂(カイ)ジェラート」 [イタリア食品]

ピスタチオの濃厚な味わいに酔いしれるシアワセ・・・♪
kai_gelato_pistacchio.jpg

以前の記事でも書きましたが、なぜか寒くなるほど
ジェラート(しかもコッテリリッチ系が…)が恋しくなる体質(笑)

でもワタシの好きなピスタチオ味のアイスは、
その辺のお店じゃあまり見かけないし・・・ってことで、
ネット通販で取り寄せることにしました。

早速「楽天」でいろんなショップをチェックして、
さんざん悩んだあげく注文したのがコチラのピスタチオアイス↓


決め手になったのは、「新鮮なアイスクリームを毎日製造」っていう文句と、
ピスタチオ以外にも試してみたい!と思う味が他にもいろいろあったコト。

で数日後に無事到着、早速味見してみると・・・
ウ~ン、ピスタチオの風味が思った以上に濃厚でオイシ~イ♪

見た目も、「いかにも」な黄緑っぽいグリーンじゃなく、
ちゃんとピスタチオナッツを使ってるって感じの自然な色合いが好印象。

食感的には、本場イタリアンジェラートほどのネットリ感はないけど、
ハーゲンダッツのようなリッチでシッカリした口当たりで、
これはこれで全然アリ&満足度大♪でした。

お値段もカップ1個が280円と、通販アイスとしては標準線?
コンビニアイスよりは高めだけど、それだけの価値はあると思いますよ~

あ、ちなみに、今回ピスタチオと一緒に注文した
お店イチオシ「幸せのやきいも」味も、
ちょっとクセになりそうな美味しさでした♪


ってことで、櫂(カイ)ジェラート、オススメです ^^

関連記事:
- ピスタチオジェラート プレミアムアイス感覚で寒い日のデザートにぜひ♪
- ピスタチオジェラート 極上の味に出会えるための3つのポイント(らしきもの)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バルサミコ酢 オススメの一本「DUE VITTORIE」 と美味しい使い方  [イタリア食品]

バルサミコ酢(Aceto Balsamico)って、
最近は日本でもいろんな種類が売られるようになりましたよね。

⇒楽天にもお手頃バルサミコがイロイロ^^

ブドウの果汁を原料にして、長いこと樽で寝かせて作るその香りと風味は、
あらゆるお料理の味を一瞬にして引き立ててくれます。

また日本の黒酢同様、バルサミコ酢も
その風味以外にもいろんな効能をうたわれていますね。

例えば、血行促進・疲労回復といった一般的なものから、
女性に嬉しいダイエット効果やアンチエイジング効果まで!

まぁホントに効くかどうかは別にしても、あの濃厚で深みのある甘みととろみ、
そしてオニキスのように美しく光る黒色は、
確かにチョット使うだけでもとて もシアワセなキブンになれます♪

イタリア人にとっては、バルサミコって、
ちょうど日本人にとってのお醤油のように身近で万能選手的存在。

なので生野菜のサラダにはモチロンのこと、
肉・魚・温野菜や果物にいたるまで、とにかくバリバリ使っています。

それ以外にも、個人的には、昔バルサミコの産地・モデナのレストランで、
自家製の濃厚バニラアイスの上に熟成物のバルサミコ酢を
たっぷりかけてもらっていただいたデザートが、今でも忘れられません~

例えばコチラのレシピ。↓
バルサミコソースで仕上げるバニラアイス

「弱火で煮詰める」となってますが、ワタシが食べた時は
そのままドボドボかけてました(笑)
ま、バルサミコ自体が美味しかったからできたんでしょうけど・・・

そんなバルサミコ酢ですが、熟成期間はマチマチで、
長いものになると、ナント25年以上!!

これだけのモノになるとモチロン超高級品ですから、
気軽に手の出るよ うなお値段とはほど遠くなってしまいます。

ちなみに例えばコレなどモデナ産バルサミコ酢の最高峰。ただしお値段が~ ^^; ↓

だからといって、数百円で買えてしまう製品は、着色料や香料などを添加し、
短期間で「擬似熟成」させた大量生産品がほとんど。
これだと肝心の風味もイマイチですし、添加物も気になるし・・・

そんな中、大の「お酢フリーク」のワタシがこれまでいろいろ試した中で、
一番コスパが良くて、添加物も入ってなくて、何と合わせて も美味しい!と
愛用している大のお気に入りがコチラです↓↓

Due Vittorie "Aceto Balsamico di Modena Riserva Oro IGP 250ml"

(もし上のショップで売切れの場合は、コチラでチェックを)

15年熟成タイプならではのまろやかな酸味、自然なとろみは、
そのままスプーンで少しなめただけでもウットリ夢見心地~
上等のバニラアイスと合わせたりしたら、それはもう感動モノですよぉ~♪

確かにその辺の量産品と比べればチョットお値段は張りますが、
深みのあるお味なので一回にホンの少しで十分ですし、
1本あれば結構長く使えると思えば、案外お手頃じゃないかと☆

今のところ数本在庫アリとなって いたので、
ご興味をもたれた方はこの機会にぜひお試しを!
⇒その他にも楽天にはお手頃バルサミコがイロイロ^^
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ピスタチオジェラート 極上の味に出会えるための3つのポイント(らしきもの) [イタリア食品]

前の記事で、ピスタチオジェラートを「今みたいに寒い時期こそ
その濃厚な味わいをぜひ!」なんて思わずアツーくオススメしてました。
(スミマセン自分がメチャ好きなモンでつい… ^^;)

でも材料のピスタチオそのものが結構なお値段なので、
あまり安いピスタチオアイスを買うと、かなりの確率で色も味も人工的、
香ばしさもあまりなくてガッカリ、ってなっちゃうんですよね・・・

そこで、これまで数々のピスタチオジェラートを
食べ歩いてきたマニアとして(!?)、自分なりの
「美味しいピスタチオアイスを選ぶポイント」を以下、御紹介します↓

ポイント(1) 色
「いかにも」な明るいグリーンじゃなく、キモチ茶色がかった地味目の緑色なこと。

ポイント(2) 材料表示
材料に本物のピスタチオナッツ(シチリア・ブロンテ産なら最高!)を使っていること。

ポイント(3) 値段
あまり安すぎず、(材料に見合った)そこそこのお値段なこと。

・・・って、全然大したポイントじゃないですね(笑)
ま、とにかく(1)の「色」はわかりやすいし、結構「使える」と思いますよー
実店舗はモチロン、通販でも写真は必ず載ってますもんね。

イメージ的にはこんな色合いがイイ感じ?

あと、気をつけた方がいいのは、
美味しいからって一度に食べすぎないコトでしょか ^^
なんたってナッツですから・・・でもそれが一番難しいだよね(笑)
⇒早速いろんなピスタチオジェラートを見比べてみる?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ピスタチオジェラート プレミアムアイス感覚で寒い日のデザートにぜひ♪ [イタリア食品]



「ピスタチオ」って、御存知ですか?

まだ日本じゃピーナッツやクルミほどメジャーじゃないですが、
イタリアではシチリア島が一大産地で、
フツーにスーパーとかでも買えるお手ごろナッツです。

風味が濃厚で香ばしく、色もキレイということもあり、
そのまま「おつまみ」的に食べるだけでなく、
ケーキやムースの味付けなどにも広く使われています。

でも何といっても私の一番のお気に入りは、
ピスタチオ入りのジェラート♪とりわけ今ごろ、
寒さが本格的になってくるとモウ無性に食べたくなります~

最近は日本でも冬用に?リッチな味わいの「プレミアムアイス」が売られてますよね。
ピスタチオアイスも、夏にはちょっとクドいけど、その「濃厚感」が寒い冬にピッタリ!?

通販でお手軽に買えるモノも結構あるので、
年末にかけて皆で集まる機会など、デザートに
緑鮮やかなピスタチオジェラートを出したりしたら、きっと雰囲気が華やぎますよ~

⇒さっそく本格ピスタチオジェラートを探してみる?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - イタリア食品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。